読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Contingent(仮)

Music/Photo/Gadget/Hobby

Good Will Hunting

映画は忘れちゃうので書き留める。

あらすじを細かく書きますので未視聴の方は見ないでね。

 

f:id:Nix002:20170211210631j:plain

 

感想

 

一歩引いたところで人のマイナス面しか見ず他人に嫌われることが怖いウィルの防衛反応を自分にすごく重ねた。

個人的にはそれをコミュ障と片付けているけど、本当は人が好きだし好かれたい。でも裏切られた経験や失望された経験がトラウマになって自分をさらけ出せない。

「天才の苦悩」とかそんなちゃちなものではなく、もっとパーソナリティに焦点をしぼった作品。

こんなにシンプルかつ純粋な気持ちを持つ人に出会えたら俺も考えすぎずに済むんだろうなと思う。

長年付き合えるような彼女と付き合って1年ほどは、自分を心から愛してくれる信頼を感じられて嘘のように自分の棘がなくなったし。

 

 

 

 

 


あらすじ


両親がいないウィルは軽犯罪を幾度も重ねながらヤンチャな友達とつるみテキトーなバイトをする日々を送っているが、実は天才。大学の清掃バイトをしている最中、廊下の黒板に書かれた問題をあっさり問いてしまい、それに目をつけた数学者のランボーが彼を欲しがる。

 

 

その夜、仲間がバーでハーバード大であろう女に目をつけナンパするが、とある男に学問知識をひけらかされ自慢される
しかしそれを見かねたウィルは自身の膨大な知識を持って男の本を暗記しただけの知識を批判し、ねじ伏せる。


誰かの知識を丸暗記してステレオタイプと化し利口ぶってる奴をねじ伏せるのはとても気持ちがいい。

 

それを見て少し気になったスカイラーがウィルに声をかけて電話番号を渡す。
そのあとスカイラーと仲を深めていく。可愛くはない。

 

 

 

 

 

暴力沙汰で逮捕されたウィルをランボーが条件付きで仮保釈させる。その条件は数学の問題を解くのを手伝うこと、そして1週間に1度"セラピー"を受けること。

 

ランボーの目的はウィルを更生させ、自分以上の才能を持つ彼を世間に送り出すこと。しかしセラピーを受けたフリをするウィルは尽くセラピストをコケにし、呆れさせる。
催眠術にかかったフリをするシーンはちょっと信じてしまっただけにおもしろかった。

 

 

ランボーは最終手段として仲が疎遠になっていた心理学者のショーンにセラピストを頼む。これがウィルを大きく変える。


最初の面談でショーンの部屋に貼ってあった絵を見たランボーはそこからショーンの人間性を暴こうとし逆鱗に触れる。


しかし、翌週再会した際にはショーンはウィルが殻に閉じこもっているからこそ自分の知識で他人を攻撃していることを見抜き、ウィルの勝ち気な性格がゆらぎ始める。

f:id:Nix002:20170211211211j:plain

 

 

ウィルとショーンの衝突や、ランボーショーンの衝突を繰り返しながら、次第にウィルは自分に向き合うようになる。


しかし、スカイラーとの関係が深まり彼女がカルフォルニアに一緒に行こうという誘いを、いつか自分を愛さなくなったときに"自分から言い始めたことだから追い出せないから仕方なく一緒に暮らす"状態になることを恐れ、彼女を突き放す。

 

それは幼い頃に虐待を受けたことから裏切られることを恐れて出た気持ち。

これはすげーわかる。それこそ浮気や不倫なんてこの世の中に腐るほどあるし。

 

 

ウィルはそれで良い、今まで通りの生活ができればそれで良いと言い、一生工事現場で働いているので十分だと漏らす。


しかし、ヤンチャ友に、「親友だから言うが、20年経ってもここで働いてたらぶっ殺してやる」と言われる。

 

f:id:Nix002:20170211211144j:plain

 

宝くじの当たりくじを持っているのに現金化する勇気がないのがウィル。お前は欲してなくても持ってない人はほしい。それをドブに捨てるのを見るのは俺は許さないと明かす。
そして友が楽しみにしているのはウィルの家に呼びに行くまでの10秒間、そこでお前からの返事がなく、挨拶もなしに消えることが楽しみだと言う。

 

 

 

 

そこで一気に肩の荷が降りたのか、ランボーが勧めてきた企業へ面接に行く。


その後ショーンと面談し、初めて親から暴行を受けていたことを明かす。

ベルトかレンチを選べと言われてレンチを選んだという発言はおそらく暴行をされた父親をそれで殺した?


初めて人にそのことを明かしたウィルにショーンは「お前は悪くない」と言い放つ。知っていると答えるウィルだが、ショーンは重ねるようにお前は悪くないと言う。そこで初めてウィルは殻を破り、泣き出す。

 

 

そして21歳の誕生日に仲間から手作りの車をもらう。
その車でカルフォルニアにいるスカイラーのところへ行く決心をつけ、会社を即辞退し、消える。


友が迎えにウィルを呼びに来て返事がなく、ウィルがいなくなったことを悟ったときの描写が妙に長く、ゆっくりと受け入れている描写が本当に愛おしかった。

キョトンとした顔からゆっくりニヤケヅラになっていくのが本当に長いの。

仲間がクラクションでやかましく呼んでるから少しそわそわしたけどね笑

ベタなフラグ回収。やるね。

 

 

ショーンは妻の死によって止まった時間をようやく動かす決心をし、ランボーとも仲直りをし、旅に出る。

半年後の同窓会で「1杯おごるよ」「これは飲み放題、無料だよ」「知っている。皮肉だ」というやり取りにほっこり。

 

そしてウィルはショーンの家のポストに手紙を入れ、カルフォルニアを目指す。
かつて妻を口説いたときに野球のチケットを友人に渡したときと同じセリフで「女の子に会いに行かなきゃいけない」と残し、ショーンは「俺のセリフだ馬鹿野郎」と笑う。

こういうシーン大好き。

 

 

 

以下、名言集みたいなリンクあったので記憶のために貼っておく。

ciatr.jp

 

以下は挿入歌のリンク。洋楽は、なんてカテゴリーで語りたくないが、ねちっこい2本の歌主導の曲よりは本当に良い。

 


Elliott Smith - No Name #3 (Lyrics)


Elliott Smith - Say Yes

 

ED


Elliott Smith "Miss Misery"

 


Starland Vocal Band - AFTERNOON DELIGHT(1976) - AMERICA'S TOP SINGLE OF 1976 (EBRO DIGITAL SOUND)

 

 

 

駄文だが、これから文章をまとめる練習をしていきたい。

 

 

 

RG ビルドストライクガンダム フルパッケージ (素組編)

今回はRGビルドストライクガンダム フルパッケージのレビュー

 

まずは素組編から。

もったいぶりますよー!

 

 

 

毎度この価格(約2000円)でこのクオリティはすごいなと思いますよね。

 

特に関節を曲げたときに装甲がスライドするギミックは何度作っても惚れ惚れ。

 

f:id:Nix002:20170130203455j:image

 

そして無塗装でこの色分け表現。

スラスターの中もきっちりパーツ分けで色分け再現。

f:id:Nix002:20170130203527j:image

 

膝立ちも余裕です。

f:id:Nix002:20170130203600j:image

 

 

 

正座も綺麗にできます。

私の世代ですら、小学生の頃のキット(SEED世代)は関節が90度しか曲がらなかったので未だにこの進化に毎度驚きます。

f:id:Nix002:20170130203616j:image

 

 

スライドギミックに合わせてパーツも細分化。

白系統でも3パターンほど色分けされており拘りもばっちり。

f:id:Nix002:20170130203636j:image

 

こちらの2枚でわかるかと思いますが、白パーツ内でも色分け、パーツ分けがされております。

f:id:Nix002:20170130203703j:image

 

f:id:Nix002:20170130203728j:image

 

ヘッド無しの状態。

なんだか肩がチョコボールのくちばしを彷彿とさせなくもありません。

f:id:Nix002:20170130203757j:image

 

 

 

 

良い時代に生まれたとしみじみ。

劇中のイメージを壊さず気軽に楽しめるのはやはり少年心にはたまりません。

 

 

 

 

 ビルドストライク全身

f:id:Nix002:20170130203826j:image

f:id:Nix002:20170130203845j:image

 

全体的にマッシブなイメージ。

 

肩が大きめでしっかり尖っており、脚長美脚のイケメン。

アンテナブレードもかなり大きめなのでインパクトがあります。

 

RGはどことなく顔がいまいちだったり、すこし頭が小さくなっているイメージがありましたが、レッドフレーム然りアンテナを大きくすることで上手くバランスを取れていると感じます。

カブトムシに憧れる男の子っぽい。

 

 

f:id:Nix002:20170130204039j:image

 

RGシステム、発動!

f:id:Nix002:20170130204017j:image

 

 

 

視聴中の僕「うおお!なんか光ってる!いったい何が出るんだ?!」

 

レイジ「ビルド...ナックルゥー!!!」

f:id:Nix002:20170130204223j:image

 

これには私も思わず苦笑い。

まあ初手だから、、、とか思ってたら最期まで拳で貫きとおしましたねw

思い返せばネタにもなり、変な剣とかよりも良かったのかなと。

 

 

 いよいよビルドブースターの換装。

どことなくアカツキオオワシに似てるような。

 

f:id:Nix002:20170130205655j:image

 

 

 

 

ここからビルドブースター換装

ビルドストライク フルパッケージ!

 

f:id:Nix002:20170130205058j:image

 

とにかくライフルが強かった....

f:id:Nix002:20170130205849j:image

 

 

 

以上、RGビルドストライクガンダム フルパッケージのレビュー(素組編)でした。

RGの何がいいって、私みたいな面倒くさがり屋なくせに拘りがある人でも、プラモデルを作る楽しみだけでかっこよく作れるところです。

これに墨入れするだけで段違いにかっこよくなります。

細部のディティールまで非常にしっかりしてますからね。

 

 

 

 

それでは次回スミ入れ編!

よかったら見てやってください。

 

 

 

 

 

突然のプッチンプリン(おやつ)

数年ぶりにプッチンしました。

f:id:Nix002:20170130210713j:image

 

 

 

今日の一曲

 

Retronix Symphony

Retronix Symphony

 

 

 

 

 

 

 

GUNDAM CONVERGE #5

GUNDAM CONVERGE#5発売!

 

こんな小物ばっかり買ってどうするんだってお話ですが、なんだかんだ買って集めてしまうのが男の性。

手軽に手を出せる金額が歯車を加速させますね。

 

今回第5弾。

ラインナップは

・Hi-νガンダム

ガンダムバルバトスルプス

ガンダムキュリオス

バイアラン

・ジムII

・ジムII セミストライカー 

の6つ。

f:id:Nix002:20170125192330j:image

 

今回は2つ買いました。

 

バルバトスルプス

f:id:Nix002:20170125192837j:image

 f:id:Nix002:20170125192926j:image

f:id:Nix002:20170125192933j:image

f:id:Nix002:20170125192955j:image

 

 

 

 

 

ガンダムキュリオス

f:id:Nix002:20170125193018j:image

 

 

f:id:Nix002:20170125193045j:image

 

 

f:id:Nix002:20170125193053j:image

 

 

 f:id:Nix002:20170125193030j:image

 

 

一部では朝早くに売れ切れるところもあったり、人気商品だけ抜かれて人気ないだけが店頭に並ぶっていう過酷な状況が1日で出来上がるんですよね。

 

某大型スーパーの大量入荷も、朝8時には無くなってたそう。

 

私はオフィス街で朝一に買ったので入手できて良かった。

 

f:id:Nix002:20170125193418j:image

 

 

 

f:id:Nix002:20170125193429j:image

 

 

現在RGビルドストライクを作っているので近々・・・

 

 

 

 

1月4日

 

こんにちは。

少しアクセスがあり、昨日開設したばかりなのに嬉しい限りです。

 

さて、本日冬休みも最終日。中には今日から働いてる人やお正月休みなんてねーよ!なんて叫びたいサービス業等の方もたくさんいるかと思います。

 

f:id:Nix002:20170104173039j:plain

 

私の出身はかなり田舎なのですが、今年初めて帰省をしませんでした。しかしまあそれのなんと寂しいことか。

お正月特有の親戚同士の挨拶回りや食事会などが少し面倒に感じて遠慮しましたが、驚くほど街から人から消えるんですよね。

イルミネーションが輝く中、一人でコンビニにご飯を買いに行っても僕1人とコンビニ店員1人。悲しい世界・・・。まじで世界に取り残された気分になったし、人間は1人では生きていけないと思いました。

 

これを読んでいる皆様、実家帰るのおすすめですよ!!!(^_-)-☆

 

******************************************************************************************

 

今日は靴下が届きました。

僕はJOURNAL STANDARDというブランドが好きなのですが、いつも誕生日の月に500円のクーポンをくれるんですよ。よくある○○円以上購入で適用なんて縛りが無く、しかもこの時期なのでセール品の靴下なんかをタダ同然でくれるという、かなり嬉しいプレゼント。なんとこれがきっちりしてて、500円クーポンではなく消費税も加味して540円引いてくれるんです。

こういう時、!!!って叫びたくなりますよね。

些細な気遣いに感謝いたします。

 

f:id:Nix002:20170104172915j:plain

 チョイスしたのはどちらもコットンベースの靴下。

 

左は少しキナリっぽい色ですが、微妙に風合いがあって表情豊か色。

右は少し緑が入っていてシルクが入っているので肌触りも良い。

 

良い靴下は長く使えますが、案外もらえると嬉しい物だなって思いました。

上司にあげるのはNGとかいうマナーもありますが、これめちゃ嬉しいよ??

 

baycrews.jp

baycrews.jp

 

 ************************************************************************************************

 

こちらも誕生日プレゼントにいただいたものですが、人生初の生デニムを購入したので少し履いたところで洗濯してみました。

また糊が残っていてパリッパリなんですが、履いていくうちに自分の体に馴染んでくるというシロモノ。僕はこの感覚が大好きなんですよね。

革ものとかもそうですよね。

しかしなかなか慣れるまでは地獄で、今もこれを履いて座ってますが、半分血が止まりかけています。笑

 

洗濯したら昆布みたいに↓↓ 硬さが伝わるかと思います。

f:id:Nix002:20170104173028j:plain

 

これを乗り越えて自分に慣らすって感覚がなんともたまらんものです。

 

 

今回はこの辺で。

コメント等気軽にいただけるとありがたいです。

 

 

 

今日の1曲。綺麗な音空間。

おはようのキスを

おはようのキスを

  • FLOWER FLOWER
  • ロック
  • ¥250

 

ブログ始めました!

 

はじめまして。

Nix(ニクス)という名前でブログを始めます!

 

自分の好きなものや良いなと思ったもの、日々の記録を形に残すために始めました。

音楽、カメラ、写真、ホビー、ガジェット、雑貨など、ジャンルに囚われずやっていきたいと思います。

 

 

まずは私の大好きなロックンロール・バンド、"a flood of circle"の新曲をどうぞ。

ドローンを使った空撮を交え、壮大なイメージの楽曲に合う壮大なPVとなってます。

 

a flood of circle - New Tribe

 

 

いろいろ試行錯誤しながらやっていきますのでよろしくどうぞ。